高大連携・基礎プログラミングとは?

大学の授業を “先取り” する
基礎プログラミング

今日の多様化する情報社会においては、個人の興味や関心に応じた 多様な学びの機会が提供されることが望まれます。このために国立大学法人 電気通信大学では、「大学授業科目先取り学修」の制度を整備してきました。本事業「高大連携・基礎プログラミング」では、本学の1 年次情報基礎科目である「基礎プログラミングおよび演習」(必修科目) の内容をそのまま、e-learningにより提供します。参加費は無料です。

本学ではこのために「特別科目等履修生」の制度を新設しました。 受講生には各回の課題を提出していただき、スクーリングにおけるプレ ゼンテーション(2回実施)の質疑・評価と併用して成績評価をおこない ます。成績が一定の基準に到達した場合は、本学の正規の単位として認 定し、本学に入学した際に「基礎プログラミングおよび演習」の受講が不要となります。

内容・水準は本学の科目と同レベルであり、簡単ではありませんが、 プログラミングに関心を持ち、とくに深く学びたいと考える高校生の皆さんに、貴重な学習の機会を提供できるものと考えています。ぜひチャ レンジしてみてください。

  • 本学の学部生を対象とする授業をe-ラーニングで提供します。