活動報告

Activity Report

高大連携・基礎プログラミング演習の施行を実施しました

第1回スクーリング

2018年7月 に、本学 I類(情報系)の教育用計算機室(CeiED)を利用して、第1回スクーリングを実施しました。 今年度は、試行ということで、本学と協定を結ぶ近隣の2校の高校生を対象に実施して、20名程度の参加がありました。

第2回スクーリング

2018年10月に、第2回スクーリングを実施しました。スクーリングでは、#6の総合演習で作成したCG作品をもとに、参加者がプレゼンテーションを実施して、先生の講評をいただきました。

また、後半で学習する内容について、説明がありました。

スクール参加者の感想

大学選びの参考になった東京都在住Tさん(高校1年生)

 SE(システムエンジニア)をしている母の勧めもあり参加しました。小学校時代よりプログラミング(Scratch) に親しんできましたが、ゼロから作るのははじめてで、細かい点が違うだけで動かないことがあり苦労しました。演習をすすめる中で、自分で「こーじゃないかな」とか「あーじゃないかな」とかいろいろ試したり、友達と議論したりして、それで求めていたものが出てきたときが、一番うれしかったです。

 電気通信大学については、実は、よく知らなかったのですが、この講座に参加することをきっかけに、オープンキャンパスに参加して研究室見学をして、自分が興味を持っている分野の研究を知ることができました。

複雑なことを分解して考えられるようになった東京都在住Kさん(高校1年生)

 私たちの学校では、クラブの有志で参加しました。クラブで紹介があったときに、技術系とかパソコンとかそういうのが好きだったので参加を決めました。演習を進めるのは簡単ではありませんでしたが、この授業と演習を通して複雑なことを簡単なことに分解して考えるという見方が身についてきたと思います。